BtoB向けサービスをお得に発注【SBIバリュープレイス】詳細はコチラ

SQLにおけるリアルタイムバックアップの技術とその利点

この記事では、SQLデータベースにおけるリアルタイムバックアップの技術とその利点について解説します。

目次

リアルタイムバックアップとは

リアルタイムバックアップとは、データが変更されるたびに即座にバックアップを取る技術です。これにより、データロスのリスクを大幅に減らすことが可能です。

リアルタイムバックアップの仕組み

リアルタイムバックアップは一般的に、以下のようなフローで動作します。

  • データベースの変更を検知
  • 変更されたデータを即座に別のストレージに保存
  • 成功した場合、次のデータ変更を待つ

リアルタイムバックアップの技術

リアルタイムバックアップを実装するためのいくつかの技術があります。

トリガーを用いた方法

SQLデータベースでは、データの変更を検知するためにトリガーと呼ばれる機能を用いることが一般的です。

CREATE TRIGGER backup_trigger
AFTER INSERT ON main_table
FOR EACH ROW
BEGIN
  INSERT INTO backup_table VALUES (NEW.column1, NEW.column2);
END;

ログシッピングを用いた方法

ログシッピングとは、主要なデータベースからバックアップデータベースへトランザクションログを定期的にコピーする方法です。

-- 主要なデータベースでの設定
BACKUP LOG main_database TO DISK = 'path/to/logfile'
-- バックアップデータベースでの設定
RESTORE LOG backup_database FROM DISK = 'path/to/logfile' WITH NORECOVERY

リアルタイムバックアップの利点

データロスのリスクを削減

リアルタイムでバックアップを取ることで、データロスのリスクが大幅に削減されます。

迅速なリカバリー

何らかの障害が発生した場合も、最新のデータで迅速にシステムを復旧することができます。

比較表

項目トリガーを用いた方法ログシッピングを用いた方法
即時性高い中程度
設定の複雑性中程度高い
リソース使用量高い低い
リアルタイムバックアップの技術比較

まとめ

リアルタイムバックアップは、多くの利点を持つ重要な技術です。データベースの規模やニーズに応じて、トリガーを用いた方法やログシッピングを用いた方法など、最適な手法を選ぶことが重要です。

コメント

コメントする

目次