優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

SQLでのCOMMITとROLLBACKの違いと使用シーン解説

SQLにおいてデータベースのトランザクションを管理するためには、COMMITとROLLBACKという二つの非常に重要な命令があります。これらの命令は何をするものなのか、どのような場合に使うのが最適なのか、そして実際の使用例はどうなるのか。今回の記事でそれらを徹底的に解説します。

目次

COMMITとは

COMMITは、SQLにおけるトランザクションを確定する命令です。この命令を実行すると、その時点までのすべての変更がデータベースに反映され、他のユーザーからもその変更が見えるようになります。

COMMITの基本的な使用法

基本的には、複数のSQL文を一つのトランザクションとしてまとめた後に、`COMMIT`を実行します。

BEGIN;  -- トランザクション開始
UPDATE table_name SET column1 = value1 WHERE condition;  -- 更新
INSERT INTO table_name (column1, column2) VALUES (value1, value2);  -- 挿入
COMMIT;  -- トランザクション確定

COMMITの使用シーン

使用シーン説明
バッチ処理大量のデータを一括で処理する場合
金銭取引金銭の受け渡しが関わる重要な処理
COMMITの典型的な使用シーン

ROLLBACKとは

ROLLBACKは、SQLにおけるトランザクションを取り消す命令です。この命令を実行すると、その時点までのすべての変更が取り消されます。

ROLLBACKの基本的な使用法

何らかの理由でトランザクションを取り消したい場合には、`ROLLBACK`を使用します。

BEGIN;  -- トランザクション開始
UPDATE table_name SET column1 = value1 WHERE condition;  -- 更新
-- 何らかの理由で取り消し
ROLLBACK;  -- トランザクション取り消し

ROLLBACKの使用シーン

使用シーン説明
エラーハンドリング処理中にエラーが発生した場合
テスト環境実際には反映させたくないテストの場合
ROLLBACKの典型的な使用シーン

COMMITとROLLBACKの違い

命令動作使用シーン
COMMITトランザクションを確定バッチ処理、金銭取引
ROLLBACKトランザクションを取り消しエラーハンドリング、テスト環境
COMMITとROLLBACKの主な違い

まとめ

COMMITとROLLBACKはSQLでのトランザクション管理において不可欠な命令です。COMMITはトランザクションを確定し、ROLLBACKはトランザクションを取り消します。それぞれの命令が最も力を発揮するシーンに注意して、うまく活用してください。

コメント

コメントする

目次