優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

SQLで差分バックアップの基本と選ぶ理由

この記事では、データベース管理で頻繁に使用される「差分バックアップ」について、SQLを中心に解説します。差分バックアップの基本概念から、それを選ぶ理由までを深く掘り下げます。

目次

差分バックアップとは?

差分バックアップは、最後のフルバックアップ以降に変更されたデータのみをバックアップする手法です。これにより、バックアップのサイズと時間を大幅に削減することが可能です。

バックアップの種類

主に以下の3種類のバックアップ手法があります。

  • フルバックアップ:すべてのデータをコピー
  • 差分バックアップ:最後のフルバックアップ以降の変更をコピー
  • 増分バックアップ:最後のバックアップ(フルまたは増分)以降の変更をコピー

差分バックアップのメリット・デメリット

メリットデメリット
バックアップ速度が速い復元時にフルバックアップも必要
保存容量が少ない変更が多いと差分が大きくなる
差分バックアップのメリット・デメリット

SQLでの差分バックアップの手法

SQLでは、以下のようにして差分バックアップを行うことができます。

SQL Serverの場面

BACKUP DATABASE [DB名] TO DISK = 'パス' WITH DIFFERENTIAL;

MySQLの場面

MySQLでは、差分バックアップのネイティブサポートはありませんが、バイナリログを使用して手動で行うことが可能です。

mysqlbinlog --start-datetime="日付と時刻" --stop-datetime="日付と時刻" バイナリログファイル > 差分バックアップ.sql

差分バックアップを選ぶ理由

差分バックアップを選ぶ主要な理由は以下の通りです。

リソースの効率化

フルバックアップよりも少ないストレージ容量と時間でバックアップが完了するため、リソースを効率的に使用できます。

復元の柔軟性

必要なデータだけを選んで復元できるため、柔軟なデータ管理が可能です。

選択理由詳細
リソースの効率化ストレージと時間の節約
復元の柔軟性必要なデータだけを選んで復元可能
差分バックアップを選ぶ理由

まとめ

差分バックアップは、フルバックアップに比べて高速かつ効率的にデータを保護する手法です。SQLでの実装も比較的簡単で、リソースの効率化と復元の柔軟性が向上します。ただし、復元時にはフルバックアップも必要な点に注意が必要です。

コメント

コメントする

目次