優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

オンプレミスとクラウドでのSQL差分バックアップの比較とベストプラクティス

この記事では、オンプレミスとクラウド環境におけるSQLの差分バックアップの違いとベストプラクティスについて詳しく説明します。バックアップ戦略はビジネスの持続性とデータ保全に直結するため、非常に重要な要素です。

目次

オンプレミスとクラウドの違い

基本的な特性

特性オンプレミスクラウド
所有権企業が所有サービスプロバイダーが所有
コスト初期費用が高い月額費用
管理自社で全て部分的にアウトソース
基本的な特性の比較

セキュリティ

オンプレミスは企業が全てのセキュリティを管理するため、セキュリティレベルは自社の方針に依存します。対して、クラウドはプロバイダーが一定のセキュリティを担保しますが、細かい設定は企業側で行う必要があります。

差分バックアップの基礎知識

差分バックアップとは

差分バックアップは、前回のフルバックアップ以降に変更が加えられたデータのみをバックアップする手法です。

メリットとデメリット

メリット/デメリット内容
メリットデータ量が少なく、高速
デメリットフルバックアップが必要
差分バックアップのメリットとデメリット

オンプレミスでの差分バックアップ

設定手順

-- フルバックアップを実行
BACKUP DATABASE MyDatabase TO DISK = 'FullBackup.bak';
-- 差分バックアップを実行
BACKUP DATABASE MyDatabase TO DISK = 'DiffBackup.bak' WITH DIFFERENTIAL;

ベストプラクティス

1. 週に一度フルバックアップを行う
2. 日次で差分バックアップを行う
3. バックアップ先はRAID構成にする

クラウドでの差分バックアップ

設定手順

# AWS RDSの場合
aws rds create-db-snapshot --db-instance-identifier MyDatabase --db-snapshot-identifier MyFullSnapshot
aws rds create-db-snapshot --db-instance-identifier MyDatabase --db-snapshot-identifier MyDiffSnapshot --tags Key=differential,Value=true

ベストプラクティス

1. オートスケーリングを有効にする
2. マルチリージョン対応を考慮する
3. AWS IAMで適切なロールを設定する

まとめ

オンプレミスとクラウドそれぞれでの差分バックアップの設定や運用には独自のベストプラクティスがあります。どちらの環境もその利点と欠点があり、企業のニーズに応じて選定する必要があります。

コメント

コメントする

目次