優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

SQL環境でのフェイルオーバーとロードバランシングの主な違い

データベースを扱う際には可用性と性能が重要な要素となります。特に大規模なシステムや重要な業務を担うデータベースでは、フェイルオーバーとロードバランシングが頻繁に議論されるテーマです。しかし、これら二つの概念はどう違うのでしょうか。この記事では、SQL環境におけるフェイルオーバーとロードバランシングの主な違いについて、具体的な例とともに解説します。

目次

フェイルオーバーとは

フェイルオーバーとは、主なシステムがダウンした際に自動的に切り替えが行われる仕組みです。これにより、システム全体のダウンタイムが最小限に抑えられます。

フェイルオーバーのメカニズム

通常、フェイルオーバーは主要なノードと補助的なノードがペアを形成します。主要なノードが何らかの理由で故障した場合、補助的なノードがその役割を自動的に引き継ぎます。

主要なノード補助的なノードフェイルオーバー時の動作
ActiveStandby主要なノードがダウン → 補助的なノードがActiveに
フェイルオーバーの基本的な動作

フェイルオーバーの種類

フェイルオーバーにはいくつかの種類がありますが、以下の二つが主なものです。

  • Active-Standby
  • Active-Active

ロードバランシングとは

ロードバランシングは、複数のサーバーに対する負荷(リクエストなど)を均等に分散させる技術です。

ロードバランシングのメカニズム

ロードバランサーは、クライアントからのリクエストを複数のサーバーに均等に分散させます。これにより、一つのサーバーに過負荷がかかることを防ぎます。

クライアントロードバランサーサーバー
リクエスト分散サーバー1, サーバー2, …
ロードバランシングの基本的な動作

ロードバランシングの手法

主なロードバランシングの手法としては以下のようなものがあります。

  • Round Robin
  • Least Connections
  • IP Hash

フェイルオーバーとロードバランシングの主な違い

フェイルオーバーとロードバランシングは、ともにシステムの信頼性と性能を高めるための手法ですが、主な違いは以下の通りです。

フェイルオーバーロードバランシング
冗長性の確保性能の向上
主要なノードと補助的なノード複数の同等なノード
自動的な切り替え負荷の均等な分散
フェイルオーバーとロードバランシングの主な違い

まとめ

フェイルオーバーはシステムの可用性を確保するために、主要なノードが故障した場合に補助的なノードがその役割を自動的に引き継ぐ手法です。一方で、ロードバランシングは複数のサーバーに負荷を均等に分散させることで性能を向上させる手法です。どちらもその目的と使用されるケースによって使い分けが必要となります。適切な選択と設計によって、より効率的なシステムを構築できるでしょう。

コメント

コメントする

目次