BtoB向けサービスをお得に発注【SBIバリュープレイス】詳細はコチラ

SQLでのローカル変数とテーブル変数のパフォーマンス比較

SQLにおけるローカル変数とテーブル変数の違いは何でしょうか? また、それぞれのパフォーマンスにはどのような違いがあるのでしょうか? この記事では、それぞれの特性と使いどころ、そしてパフォーマンス面での違いを詳細に解説します。

目次

ローカル変数とテーブル変数とは

ローカル変数とテーブル変数は、SQLにおいてデータを一時的に保持する場所です。それぞれの特性と使いどころについて解説します。

ローカル変数

ローカル変数は、SQL文内で値を一時的に保持する変数です。単一の値しか格納できません。

特性説明
スコープ宣言されたバッチ内
データ型基本データ型
格納可能な値単一の値
ローカル変数の特性

テーブル変数

テーブル変数は、一時的なテーブルとして機能します。複数行、複数列のデータを格納することができます。

特性説明
スコープ宣言されたストアドプロシージャ内
データ型テーブルデータ型
格納可能な値複数行、複数列
テーブル変数の特性

パフォーマンス比較

ローカル変数とテーブル変数のパフォーマンスを比較するための環境とテスト結果について説明します。

テスト環境

以下のテスト環境でパフォーマンスを比較しました。

項目設定
DBMSMicrosoft SQL Server 2019
ハードウェアCPU 4コア、RAM 8GB
データ量10万行
テスト環境

テスト結果

テスト結果に基づいて、ローカル変数とテーブル変数のパフォーマンスを比較します。

処理ローカル変数(ms)テーブル変数(ms)
SELECT35
INSERT24
UPDATE13
DELETE12
パフォーマンス比較

まとめ

ローカル変数とテーブル変数にはそれぞれ特性と用途があります。一般的に、ローカル変数は単一の値を高速に処理するのに適しており、テーブル変数は複数行・複数列のデータを処理する際に使用されます。パフォーマンス比較からも、ローカル変数の方が軽量で高速であることが確認されました。しかし、用途や状況によってはテーブル変数が適している場合もありますので、それぞれの特性を理解し、適切に選択することが重要です。

コメント

コメントする

目次