優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

SQLとMongoDBの基本処理とその違い

この記事では、SQLとMongoDBの基本的な処理について詳しく解説します。データベースを選択する際に何を基準にするかは非常に重要です。その選択肢として頻繁に名前が上がるのが、リレーショナルデータベースの代表であるSQLと、NoSQLデータベースの一つであるMongoDBです。両者の基本的な処理の違いを理解することで、あなたのプロジェクトに最適なデータベースを選べるようになります。

目次

SQLとMongoDBの基本概要

SQL(Structured Query Language)

SQLは、リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)で使用されるプログラミング言語です。データの格納、取得、更新、削除などを行うための標準的な手段として広く用いられています。

MongoDB

MongoDBは、スキーマレスなNoSQLデータベースです。JSON形式でデータを保存するため、柔軟なデータモデリングが可能です。

テーブルとコレクション

[h3]SQLのテーブル

SQLでは、テーブルという形でデータが格納されます。

名前年齢職業
田中30エンジニア
佐藤25デザイナー
SQLのテーブル例

MongoDBのコレクション

MongoDBでは、コレクションと呼ばれる単位でデータが格納されます。

_iddata
1{“名前”:”田中”,”年齢”:30,”職業”:”エンジニア”}
2{“名前”:”佐藤”,”年齢”:25,”職業”:”デザイナー”}
MongoDBのコレクション例

データの操作

データの挿入

SQL

INSERT INTO table_name (column1, column2, column3, ...)
VALUES (value1, value2, value3, ...);

MongoDB

db.collection.insertOne({key1: "value1", key2: "value2", ...})

データの読み取り

SQL

SELECT column1, column2, ...
FROM table_name;

MongoDB

db.collection.find({key: "value"})

データの更新

SQL

UPDATE table_name
SET column1 = value1, column2 = value2, ...
WHERE some_column = some_value;

MongoDB

db.collection.updateOne({key: "value"}, {$set: {key1: "new_value"}})

データの削除

SQL

DELETE FROM table_name WHERE some_column = some_value;

MongoDB

db.collection.deleteOne({key: "value"})

まとめ

SQLとMongoDBは、それぞれに独自の特徴と操作方法があります。リレーショナルデータベースが必要な場合はSQLを、柔軟なデータモデリングが必要な場合はMongoDBを選択するとよいでしょう。この記事を通して、基本的な操作とその違いについて理解できたことでしょう。

コメント

コメントする

目次