優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

SQLにおける主キーと外部キーの定義と役割を理解する

SQLにおいて、データベースのテーブル設計は非常に重要な作業の一つです。この記事では、テーブル設計における主キー(Primary Key)と外部キー(Foreign Key)の基本的な定義とその役割について解説します。

目次

主キー(Primary Key)とは

主キー(Primary Key)とは、テーブル内の各レコード(行)を一意に識別するためのカラム(列)です。主キーはそのテーブル内で一意である必要があり、NULL値を許可してはいけません。

主キーの役割

主キーの主な役割は以下の通りです。

  • 各レコードを一意に識別する
  • 高速なデータアクセスを提供する
  • テーブルの整合性を保つ

主キーの設定例

CREATE TABLE 社員 (
    社員ID INT PRIMARY KEY,
    名前 VARCHAR(50),
    部署 VARCHAR(50)
);

外部キー(Foreign Key)とは

外部キー(Foreign Key)とは、あるテーブルのカラムが、別のテーブルの主キーに依存する形で設計されたカラムを指します。

外部キーの役割

外部キーの主な役割は以下の通りです。

  • テーブル間の関連を定義する
  • 参照整合性を保つ
  • 不正なデータの挿入や更新を防ぐ

外部キーの設定例

CREATE TABLE 注文 (
    注文ID INT PRIMARY KEY,
    社員ID INT,
    商品 VARCHAR(50),
    FOREIGN KEY (社員ID) REFERENCES 社員(社員ID)
);

主キーと外部キーの違い

主キーと外部キーの違いを簡単に説明するためのテーブルを以下に示します。

項目主キー外部キー
一意性必須不要
NULL許容不可
役割レコードの識別テーブル間の関連付け
主キーと外部キーの違い

まとめ

主キーと外部キーは、データベース設計において非常に重要な要素です。主キーはテーブル内のレコードを一意に識別するためのもので、外部キーはテーブル間の関連を定義するためのものです。これらを適切に使用することで、データの整合性を保ち、効率的なデータアクセスを実現できます。

コメント

コメントする

目次