優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

SQL SELECT文の基本構文と応用例

SQL(Structured Query Language)はデータベース操作において非常に重要な言語です。特に、データを参照する際に使われるSELECT文は、多くのシナリオで必須となります。この記事では、SQLのSELECT文の基本構文から、具体的なコード例、その詳細解説、および演習問題とその解説に至るまで、幅広くご紹介します。

目次

SELECT文の基本構文

SELECT文はデータベースからデータを取得するための基本的なSQL文です。

基本形

基本的なSELECT文の形式は以下の通りです。

-- 基本形
SELECT 列名1, 列名2, ...
FROM テーブル名;

具体的なコード例

ここでは、実際のデータテーブルを使った具体的な例を挙げます。

データテーブルの概要

今回使用するデータテーブルは「employees」という名前で、以下のような構成になっています。

idnameagedepartment
1Alice28HR
2Bob35Engineering
employeesテーブルの構造

コード例とその解説

以下に、基本的なSELECT文のコード例とその解説を示します。

-- 全ての列を選択
SELECT * FROM employees;

-- 特定の列(nameとage)を選択
SELECT name, age FROM employees;

このコードでは、最初のSQL文で`employees`テーブルから全ての列を選択しています。次のSQL文では、`name`と`age`という特定の列だけを選択しています。

演習問題とその解説

ここで簡単な演習問題を出題します。

問題

上記の`employees`テーブルから、`department`が”HR”であるデータ行を抽出するSQL文を書いてください。

解答と解説

解答は以下の通りです。

-- departmentが"HR"であるデータ行を抽出
SELECT * FROM employees WHERE department = 'HR';

このSQL文では、`WHERE`句を用いて、`department`が”HR”であるデータ行のみを抽出しています。

まとめ

SQLのSELECT文はデータベース操作において基本となる文です。この記事で示した基本形やコード例、演習問題を通じて、その使い方に慣れていただければと思います。

コメント

コメントする

目次