BtoB向けサービスをお得に発注【SBIバリュープレイス】詳細はコチラ

SQL Serverでのリストア操作の詳細解説

この記事では、SQL Serverにおけるリストア操作の詳細について解説します。バックアップとリストアは、データベース管理において非常に重要なプロセスです。特にリストア操作は、災害復旧やデータ移行、テスト環境のセットアップなど、多くのシナリオで必要とされます。この記事は、SQL Serverでリストア操作を行う際の基本から応用までを一通り学べるように構成しています。

目次

SQL Serverとは

SQL Serverは、マイクロソフトが提供する関係データベース管理システム(RDBMS)です。高度なセキュリティ、スケーラビリティ、およびパフォーマンスを提供し、多くの企業で使用されています。

リストア操作の基本

リストア操作は、バックアップされたデータベースを復元するプロセスです。一般的には、SQL Server Management Studio(SSMS)またはTransact-SQL(T-SQL)スクリプトを用いて行われます。

リストアの種類

リストアの種類説明
フルリストア完全なデータベースを復元します。
ディファレンシャルリストア前回のフルバックアップ以降の変更分を復元します。
トランザクションログリストア特定の時点までのトランザクションログを適用します。
テーブル1: リストアの種類とその説明

リストア操作の手順

SSMSを使用したリストア

1. SQL Server Management Studioを開く
2. 「オブジェクトエクスプローラー」から対象のデータベースを右クリック
3. 「タスク」>「リストア」を選択

フルリストアの場合

  • 「ソース」タブで「ディスク」を選択
  • 「一般」タブでバックアップファイルを指定
  • 「オプション」タブでリストアオプションを設定

T-SQLを使用したリストア

RESTORE DATABASE YourDatabase
FROM DISK = 'C:\Backup\YourBackup.bak';

特定の時点へのリストア

RESTORE DATABASE YourDatabase
FROM DISK = 'C:\Backup\YourBackup.bak'
WITH STOPAT = 'YYYY-MM-DD hh:mm:ss';

リストア操作の注意点

リストア操作を行う前に、いくつかの注意点があります。

  • リストアは元のデータを上書きしますので、注意が必要です。
  • トランザクションログは連続性が必要なため、途中のログを欠けてはいけません。
  • ディファレンシャルバックアップを使用する場合、その基点となるフルバックアップが必要です。

まとめ

SQL Serverでのリストア操作は、データベースの復旧や移行に必要な高度な作業です。SSMSやT-SQLを用いて、様々な種類のリストアが可能です。ただし、リストア作業は注意深く行う必要があります。この記事を参考に、安全かつ効率的なリストア操作を行ってください。

コメント

コメントする

目次