優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

SQLとMongoDBのデータモデルの比較: 深掘り解説

この記事では、データベース技術の一つであるSQLと、NoSQLの一種であるMongoDBのデータモデルについて解説します。具体的には、SQLのテーブル構造とMongoDBのドキュメントおよびコレクションの概念を比較しながら、それぞれの特長と用途について深く掘り下げます。

目次

はじめに

SQLとMongoDBは、データベース技術の異なる2つの世界を代表するものです。SQLはリレーショナルデータベースの代表であり、MongoDBはNoSQLデータベースの一つです。これらは、データをどのように管理するかという「データモデル」において基本的な違いがあります。

SQLのデータモデル

テーブルと行、列

SQLデータモデルでは、データは「テーブル」に格納されます。テーブルは行(レコード)と列(フィールド)から成り立っています。

ユーザーID名前年齢
1田中30
2佐藤25
SQLテーブルの例

リレーションと正規化

テーブル間には「リレーション」があり、正規化によってデータの重複を避けます。

MongoDBのデータモデル

ドキュメントとフィールド

MongoDBでは、データは「ドキュメント」に格納されます。JSON形式で表現され、フィールドと値のペアによって構成されます。

{
  "_id": 1,
  "名前": "田中",
  "年齢": 30
}

コレクション

ドキュメントは「コレクション」内に格納されます。コレクションは、SQLのテーブルに相当するものですが、スキーマが固定されていないのが特長です。

SQLとMongoDBの比較

スキーマの柔軟性

MongoDBはスキーマが固定されていないため、データの追加や変更が容易です。一方で、SQLはスキーマが固定されているため、事前に設計が必要です。

トランザクションの取扱い

SQLはACID特性が強く、厳密なトランザクションが可能です。MongoDBも最近ではACID対応を強化していますが、基本的には「結果整合性」に重点を置いています。

パフォーマンス

SQLはJOIN操作で複数テーブルのデータを結合できますが、その分処理が重くなる場合があります。MongoDBはそのような操作が基本的に不要であり、高速な読み書きが可能です。

まとめ

SQLとMongoDBはそれぞれに特長と用途があります。SQLは正規化と厳密なトランザクションが強みであり、MongoDBはスキーマの柔軟性と高速な読み書きが強みです。用途や要件に応じて、適切なデータモデルを選ぶことが重要です。

コメント

コメントする

目次