BtoB向けサービスをお得に発注【SBIバリュープレイス】詳細はコチラ

LEFT JOINを使用して関連するテーブルからデータを取得する方法

SQLのLEFT JOINクエリを使用して、関連するテーブルからデータを取得する方法について解説します。LEFT JOINはデータベース操作において頻繁に使われるテクニックの一つで、この記事を通してその使い方と応用例について理解を深めましょう。

目次

LEFT JOINの基礎

LEFT JOINとは?

LEFT JOINとは、SQLで使用されるJOINの一種です。基本的なJOINとは異なり、LEFT JOINは左テーブルの全てのレコードと右テーブルの一致するレコードを結合します。一致しないレコードについてはNULL値が返されます。

SELECT a.*, b.*
FROM table_a a
LEFT JOIN table_b b ON a.id = b.id;

実践例:社員情報と部署情報の結合

テーブルの内容

まずは、以下の2つのテーブルを考えます。

社員テーブル(Employee)部署テーブル(Department)
社員ID, 社員名部署ID, 部署名
1, 田中1, 営業部
2, 鈴木2, 技術部
3, 佐藤NULL, NULL
テーブル1:社員と部署のテーブル

SQLクエリの例

以下のSQLクエリを使用して、社員テーブルと部署テーブルをLEFT JOINします。

SELECT e.社員ID, e.社員名, d.部署名
FROM Employee e
LEFT JOIN Department d ON e.社員ID = d.部署ID;

実行結果

このクエリを実行すると、以下のような結果が得られます。

社員ID社員名部署名
1田中営業部
2鈴木技術部
3佐藤NULL
テーブル2:LEFT JOINの実行結果

まとめ

LEFT JOINは、関連するテーブルからデータを効率的に取得する際に有用なSQLのテクニックです。特に、一方のテーブルに存在しないデータがあっても結合を行いたい場合には、LEFT JOINが非常に役立ちます。

コメント

コメントする

目次