Amazon Prime 感謝祭 10/14,15詳細はコチラ

Excel VBAを利用したソフトウェアライセンスキーの効率的な管理方法

この記事では、Excel VBAを使用してソフトウェアのライセンスキーを整理する方法について解説します。具体的なコード例を交えて、処理の詳細とその応用についても言及します。あなたもこの記事を参考に、効率的なライセンスキーの管理を実現してみてください。

目次

Excel VBAの基本

Excel VBA(Visual Basic for Applications)は、Microsoft Excelに組み込まれたプログラミング言語です。これを用いると、単純作業の自動化だけでなく、高度なデータ分析やレポート作成も可能になります。

そもそも、どこにVBAコードを書いて、どう実行すれば良いのか分からない場合は、以下の記事をご参照ください。

Excel VBAを利用したライセンスキーの整理

ソフトウェアのライセンスキー管理は、企業や個人にとって非常に重要です。適切な管理を怠ると、ライセンスの期限切れや重複使用などの問題が生じる可能性があります。Excel VBAを使用することで、簡単にこの問題を解決できます。

コードの詳細解説

このコードは、Sheet1に記載されているソフトウェア名とライセンスキーを整理し、Sheet2に重複なく出力します。

SoftwareDict: ソフトウェア名をキーとして、ライセンスキーを値とする辞書オブジェクトを生成します。
LastRow: Sheet1の最後の行を取得します。
For Each cell In KeyRange: ソフトウェア名の一覧をループし、該当のソフトウェア名がSoftwareDictに存在しない場合、ソフトウェア名とライセンスキーをSoftwareDictに追加します。

応用例1: ライセンスキーの有効期限の追加

この応用例では、ライセンスキーの有効期限をSheet1のC列に追加し、整理した結果をSheet2に出力します。

応用例2: ライセンスキーの期限切れ警告

有効期限が30日未満のライセンスキーには、赤色の背景色を設定して警告します。

応用例3: 使用ライセンス数のチェック

ライセンスが複数回使用されている場合、赤色の背景色を設定して警告します。

まとめ

Excel VBAを使用することで、効率的なライセンスキーの管理が可能です。具体的なコード例を参考に、自分のニーズに合わせてカスタマイズしてください。正確なライセンス管理を行うことで、無駄なライセンスの購入を防ぎ、コストを節約することができます。

VBAも良いけどパワークエリも良い

VBAの解説をしてきましたが、VBAは正直煩雑でメンテナンス性が悪いです。最近はモダンExcelと呼ばれるパワークエリやパワーピボットへのシフトが進んできています。本サイトでもパワークエリの特集をしており、サンプルデータを含む全11回の学習コンテンツでパワークエリを習得することができます。

クリックするとパワークエリの全11講座が表示されます。

パワーピボットの記事はありません。興味がある場合は、書籍で学んでみてください

コメント

コメントする

目次