優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

Excel VBAを活用した自動バリデーション後のレポート作成スケジュール法

Excelは業務で頻繁に使用されるツールの一つであり、データの管理や分析に欠かせない存在です。しかし、膨大なデータを取り扱う際には、そのバリデーションやレポート作成が手作業であると非常に時間がかかることがある。VBAを用いてこれらの作業を自動化し、スケジュールに組み込むことで、時間を大幅に節約できます。この記事では、その具体的な方法を解説します。

目次

Excel VBAの基本

Excel VBA(Visual Basic for Applications)は、Microsoft Excelに組み込まれたプログラミング言語です。これを用いると、単純作業の自動化だけでなく、高度なデータ分析やレポート作成も可能になります。

そもそも、どこにVBAコードを書いて、どう実行すれば良いのか分からない場合は、以下の記事をご参照ください。

VBAを用いたExcelのバリデーション自動化

Excelのデータバリデーションは、入力データが正しいかどうかを確認する重要なプロセスです。VBAを使用することで、このバリデーションを自動で行い、問題があるデータをハイライトすることができます。


Sub AutoValidation()
    Dim rng As Range, cell As Range
    Set rng = ThisWorkbook.Sheets("Sheet1").Range("A1:A100")
    For Each cell In rng
        If IsEmpty(cell.Value) Then
            cell.Interior.Color = RGB(255, 0, 0)
        End If
    Next cell
End Sub

上記のコードは、Sheet1のA1からA100までのセルを対象として、空のセルに赤色の背景を設定するものです。

応用例1: 複数の条件でのバリデーション

特定の条件に基づいてバリデーションを行いたい場合は、以下のように条件を追加できます。


Sub AdvancedValidation()
    Dim rng As Range, cell As Range
    Set rng = ThisWorkbook.Sheets("Sheet1").Range("A1:A100")
    For Each cell In rng
        If cell.Value < 10 Or cell.Value > 100 Then
            cell.Interior.Color = RGB(255, 0, 0)
        End If
    Next cell
End Sub

応用例2: バリデーション結果のレポート作成

バリデーションの結果を元に、レポートを自動作成することも可能です。


Sub ValidationReport()
    Dim rng As Range, cell As Range
    Dim reportWs As Worksheet
    Dim nextRow As Long

    ' Set source and report sheets
    Set rng = ThisWorkbook.Sheets("Sheet1").Range("A1:A100")
    Set reportWs = ThisWorkbook.Sheets("Report")

    nextRow = reportWs.Cells(reportWs.Rows.Count, 1).End(xlUp).Row + 1

    For Each cell In rng
        If cell.Interior.Color = RGB(255, 0, 0) Then
            reportWs.Cells(nextRow, 1).Value = cell.Address
            reportWs.Cells(nextRow, 2).Value = "Invalid Data"
            nextRow = nextRow + 1
        End If
    Next cell
End Sub

応用例3: スケジュールに組み込む

Windowsタスクスケジューラを使用して、上記のVBAスクリプトを定期的に実行することができます。具体的な手順は以下の通りです。

1. VBAのマクロを保存したExcelファイルを開き、マクロを実行するバッチファイルを作成する。
2. Windowsタスクスケジューラを開き、新しいタスクを作成する。
3. 作成したバッチファイルを指定して、希望のスケジュールで実行するように設定する。

まとめ

VBAを用いることで、Excelのバリデーションとレポート作成のプロセスを効率的に自動化することができます。これにより、日々の業務がよりスムーズになるだけでなく、ミスのリスクも低減できるでしょう。

VBAも良いけどパワークエリも良い

VBAの解説をしてきましたが、VBAは正直煩雑でメンテナンス性が悪いです。最近はモダンExcelと呼ばれるパワークエリやパワーピボットへのシフトが進んできています。本サイトでもパワークエリの特集をしており、サンプルデータを含む全11回の学習コンテンツでパワークエリを習得することができます。

クリックするとパワークエリの全11講座が表示されます。

パワーピボットの記事はありません。興味がある場合は、書籍で学んでみてください

コメント

コメントする

目次