Excel VBAを用いたデザインファイルのバージョン・編集者別整理方法

Excel VBAを利用して、デザインファイルをバージョンや編集者別に整理する方法について詳しく説明します。具体的なコード例、その詳細解説、及び応用例を含めています。

目次

Excel VBAの基本

Excel VBA(Visual Basic for Applications)は、Microsoft Excelに組み込まれたプログラミング言語です。これを用いると、単純作業の自動化だけでなく、高度なデータ分析やレポート作成も可能になります。

そもそも、どこにVBAコードを書いて、どう実行すれば良いのか分からない場合は、以下の記事をご参照ください。

VBAを用いた基本的なデザインファイルの整理

多くの企業やチームでは、デザインファイルのバージョン管理や編集者の確認が必要です。VBAを利用することで、このような作業を効率的に自動化できます。

コードの解説

このコードでは、特定のフォルダ内のExcelファイルを対象に、そのファイル名からバージョンと編集者の情報を抽出します。その後、対応するバージョンのフォルダ、さらにその中の編集者のサブフォルダにファイルを移動させることで、整理を行います。

補足事項

– このコードは、ファイル名が「ファイル名_VXXX_by_編集者名.xlsx」という形式に従っている場合を想定しています。
– 整理する際のフォルダが存在しない場合、自動的に新しいフォルダを作成します。
– 複数の人が同じバージョンを編集した場合、それぞれ異なるフォルダに整理されます。

応用例

1. ファイルのコピーを作成する

一部の重要なファイルについては、移動ではなくコピーを作成してバックアップとして保存する場合があります。

2. 最新バージョンのファイルだけを移動

最新のバージョンのファイルだけを特定のフォルダに移動することで、最新版の確認を容易にします。

3. 編集者ごとのフォルダを作成せず、ファイル名で管理

編集者数が多い場合や、フォルダを多く作成したくない場合には、ファイル名だけでバージョンと編集者を管理する方法も考えられます。

まとめ

Excel VBAを活用することで、デザインファイルのバージョンや編集者による整理を自動化できます。上記の基本的な方法や応用例を参考に、自身の環境やニーズに合わせた整理方法を実装してみてください。

VBAも良いけどパワークエリも良い

VBAの解説をしてきましたが、VBAは正直煩雑でメンテナンス性が悪いです。最近はモダンExcelと呼ばれるパワークエリやパワーピボットへのシフトが進んできています。本サイトでもパワークエリの特集をしており、サンプルデータを含む全11回の学習コンテンツでパワークエリを習得することができます。

クリックするとパワークエリの全11講座が表示されます。

パワーピボットの記事はありません。興味がある場合は、書籍で学んでみてください

コメント

コメントする

目次