優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

Excel VBAでWordのリサーチリマインダーを設定する方法

この記事では、Excel VBAを用いてWord内の特定のトピックに関するリサーチリマインダーを設定する方法について説明します。実際のコード例を用いて詳しく解説し、さらに応用例も紹介しますので、Wordのドキュメント処理を自動化したい方はぜひ参考にしてください。

目次

Excel VBAの基本

Excel VBA(Visual Basic for Applications)は、Microsoft Excelに組み込まれたプログラミング言語です。これを用いると、単純作業の自動化だけでなく、高度なデータ分析やレポート作成も可能になります。

そもそも、どこにVBAコードを書いて、どう実行すれば良いのか分からない場合は、以下の記事をご参照ください。

基本の設定方法

Word内の特定のトピックをリサーチするためのリマインダーを設定することは、文章作成の効率を向上させる大変有用な手法です。VBAを用いると、このリマインダー設定も自動化できます。


Sub SetResearchReminder()

    Dim wordApp As Object
    Dim wordDoc As Object
    
    ' Word アプリケーションを起動
    Set wordApp = CreateObject("Word.Application")
    wordApp.Visible = True
    
    ' 新しいドキュメントを開く
    Set wordDoc = wordApp.Documents.Add
    
    ' リサーチリマインダーを設定する箇所
    wordDoc.Content.Text = "リサーチすべきトピック:"

End Sub

コード解説

1. `Dim wordApp As Object` および `Dim wordDoc As Object` により、Wordのアプリケーションとドキュメントオブジェクトの変数を宣言します。
2. `CreateObject` を使ってWordを起動します。
3. 新しいドキュメントを開き、内容として “リサーチすべきトピック:” を追加します。

応用例1:特定のキーワードを含むトピックをリサーチ


Sub SetResearchReminderWithKeyword(keyword As String)

    Dim wordApp As Object
    Dim wordDoc As Object
    
    ' Word アプリケーションを起動
    Set wordApp = CreateObject("Word.Application")
    wordApp.Visible = True
    
    ' 新しいドキュメントを開く
    Set wordDoc = wordApp.Documents.Add
    
    ' リサーチすべきトピックを設定
    wordDoc.Content.Text = "リサーチすべきトピック:" & keyword

End Sub

コード解説

この例では、関数の引数として与えられたキーワードを使用して、リサーチすべきトピックを動的に設定します。

応用例2:複数のトピックをリストとしてリサーチ


Sub SetResearchReminderWithList(topics() As String)

    Dim wordApp As Object
    Dim wordDoc As Object
    Dim i As Integer
    
    ' Word アプリケーションを起動
    Set wordApp = CreateObject("Word.Application")
    wordApp.Visible = True
    
    ' 新しいドキュメントを開く
    Set wordDoc = wordApp.Documents.Add
    wordDoc.Content.Text = "リサーチすべきトピック:"
    
    ' トピックリストを追加
    For i = LBound(topics) To UBound(topics)
        wordDoc.Content.Text = wordDoc.Content.Text & vbCrLf & "- " & topics(i)
    Next i

End Sub

コード解説

文字列の配列を引数として取り、それを元にリサーチすべきトピックのリストをドキュメントに追加します。

応用例3:特定の場所にリマインダーを挿入


Sub InsertResearchReminderAtPosition(position As Integer, keyword As String)

    Dim wordApp As Object
    Dim wordDoc As Object
    
    ' Word アプリケーションを起動
    Set wordApp = CreateObject("Word.Application")
    wordApp.Visible = True
    
    ' 新しいドキュメントを開く
    Set wordDoc = wordApp.Documents.Add
    wordDoc.Content.Text = String(position - 1, " ") & "リサーチすべきトピック:" & keyword

End Sub

コード解説

指定された位置にリサーチリマインダーを挿入する方法です。これにより、ドキュメントの特定の場所に注目点を設けることができます。

まとめ

ExcelのVBAを使用してWordの特定のトピックのリサーチリマインダーを設定する方法を学びました。基本的な設定方法から、応用的な利用方法までを解説しましたので、日々の業務や研究活動での文書作成時に是非活用してください。

VBAも良いけどパワークエリも良い

VBAの解説をしてきましたが、VBAは正直煩雑でメンテナンス性が悪いです。最近はモダンExcelと呼ばれるパワークエリやパワーピボットへのシフトが進んできています。本サイトでもパワークエリの特集をしており、サンプルデータを含む全11回の学習コンテンツでパワークエリを習得することができます。

クリックするとパワークエリの全11講座が表示されます。

パワーピボットの記事はありません。興味がある場合は、書籍で学んでみてください

コメント

コメントする

目次