Google Chromeの自動更新をグループポリシー(GPO)で無効にする方法

本記事では、Google Chromeブラウザの自動更新をグループポリシー(GPO)で無効にする方法を解説します。

Google Chrome自動更新とは

Chromeは自動でブラウザのバージョンがアップデートされる仕様になっています。

バージョンの確認方法はChromeの設定メニューの「Chromeについて」から確認することができます。

Google Update ポリシーのダウンロード

以下から、今回利用するGoogle Update ポリシーをダウンロードしてください

XML ベースの管理用テンプレート(ADMX)ダウンロード

Zipファイルがダウンロードされるので、解凍してください。

利用するファイルは、GoogleUpdate.admx と GoogleUpdate.adml の二つです。(Google.admxとGoogle.adml)も併せて適用しておいて損はありません。

Google Update ポリシーの適用

ダウンロードしたポリシーファイルを適用させる事でグループポリシー管理エディターから設定変更が可能です。以下の記事で適用方法の解説をしていますのでご参照ください

管理テンプレートadmx,adml の適用方法|ローカルの場合とドメコンの場合の2パターンを解説

自動更新を無効にする設定

グループポリシー管理エディターを開きます。以下のポリシーの設定変更を行います。

ポリシー:Update policy override
場所:コンピュータの構成 ⇒ ポリシー ⇒ 管理用テンプレート ⇒ Google ⇒ Google Update ⇒ Applications ⇒ Google Chrome

未構成 を有効にし、オプションで「Updates disabled」を選択してください。最後に適用をクリックして完了です。

バージョンを固定する方法については下記の記事をご参照ください

Google Chromeのバージョンをグループポリシー(GPO)で固定する方法

オススメの関連記事

1件の返信

  1. 2018年11月9日

    […] Google Chromeの自動更新をグループポリシー(GPO)で無効にする方法 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です