GPOでEdgeのIEモードで開くURLを一元管理する方法|Windows11でIEが廃止されても怖くない

Windows11ではIE11が完全に廃止されたのでIE依存のアプリやWEBサイトはEdgeのIEモードで開く必要があります。ただ現実問題として「特定のサイトはIEモードで開くように」とユーザー周知することは困難です。そこで本記事では、グループポリシーを利用してChromium版EdgeでIEモードとして開くサイトを一元管理する方法を解説します。これでIEが廃止されても怖くありません。

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

Chromium版EdgeをGPOで管理可能にする

Chromium版EdgeをGPOで管理するには、Chromium版Edge用の管理テンプレートをActive Directory に反映させる必要があります。以下の記事をご参照いただきご設定ください。慣れた人が行えば5分で終わる内容です。

Chromium版Edgeをグループポリシー(GPO)で管理可能にする具体的な方法

IEモードサイト一覧XML作成ツールのインストール

IEモードで閲覧するサイトは、事前にXML形式のファイルにしておきグループポリシーで読み込ませます。

XML形式にするツールが以下のMSサイトに用意されているのでインストールしてください。

Enterprise Mode Site List Manager (schema v.2)

exeファイルを起動すると以下の画面が出てきます。

「Next」ボタンを押下

同意項目にチェックを入れて「Next」ボタンを押下

「Next」ボタンを押下

「Install」ボタンを押下

IEモード一覧XMLの作成

IEモードで開くサイトの一覧の作成方法です。

上記でインストールしたEnterprise Mode Site List Manager (schema v.2)を立ち上げ、左下の「Add」を押下します。

Add new website というポップアップが出てくるので以下のように入力してSaveボタンを押下します。

URLIEモードで起動させたいURL
Open InIE11
Compat ModeIE11 Document Mode

登録を画面の一覧で確認します。

Fileから「Save to XML」を選択してXMLを任意の場所に保存します。

GPOの設定

以下の二つのポリシーを設定します。

Internet Explorer統合を構成する
エンタープライズモードサイト一覧を構成する

パス:ユーザーの構成¥管理テンプレート¥Microsoft Edge

※ユーザーに変更を許可するには、Microsoft Edge 既定の設定(ユーザーはオーバーライドできます)の中にあるポリシーを変更してください。

Internet Explorer統合を構成する

・「未構成」を「有効」にします。

・「Internet Exploere モード」を選択します。

エンタープライズモードサイト一覧を構成する

・「未構成」を「有効」にします。

・先ほど、作成したXMLファイルを共有フォルダに保存してパスを指定します。

GPOを適用して確認

GPOを適用して確認します。

サインアウトを一度するか、コマンドで  gpupdate /force  をタイプしてGPOを適用してください。

Chromium版Edgeで先ほど指定したURLをタイプすると自動的にIEモードで指定したURLのページが立ち上がります。

30分で8,000円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法


現在、ITトレンドで普段お使いの業務システムのレビューをするだけで1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者もレビューを書き30分程度で8,000円分のAmazonギフト券をゲットしました。

5つのレビューを書くと通常の5,000円分のAmazonギフト券に加えて、3,000円分のAmazonギフト券が加算されて8,000円分のAmazonギフト券が貰えます。(1回目のレビュー後に受け取るメールのリンクから2回目以降のレビューを書く必要があります。)

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券8,000円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ