優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

Linuxでシステム起動時に時刻同期を自動化する方法

この記事では、Linuxシステムの起動時に時刻同期を自動化する設定方法について解説します。具体的なコード例とその詳細な解説、さらに応用例を含めて説明します。自動時刻同期の重要性から実装まで、全てを網羅します。

目次

自動時刻同期の重要性

システムの時刻は、ログの整合性、スケジューリング、データ同期など、多くの要素に影響を与えます。時刻がずれてしまうと、システム全体の動作に支障をきたす可能性があります。そのため、起動時に時刻を自動で同期する仕組みは重要です。

基本設定: chronydまたはntpdを使用

Linuxにはいくつかの時刻同期ツールがありますが、主に`chronyd`と`ntpd`が用いられます。ここでは`chronyd`の設定方法を説明します。

chronydのインストール

sudo apt-get update
sudo apt-get install chrony  # chronyをインストール

chronydの自動起動設定

sudo systemctl enable chronyd  # chronydを自動起動に設定

設定ファイルの編集

設定ファイル `/etc/chrony/chrony.conf` を編集します。

sudo nano /etc/chrony/chrony.conf  # 設定ファイルを開く

ここで、NTPサーバーのアドレスを指定します。

詳細設定: 起動時の時刻同期を最適化

iburstオプションの使用

通常の同期よりも高速に時刻同期を行う`iburst`オプションを設定できます。

server ntp.nict.jp iburst  # 設定ファイルにiburstオプションを追加

応用例

1. 起動時に時刻同期のログを出力

echo "Chronyd sync at $(date)" >> /var/log/chronyd_sync.log  # 起動時の時刻同期ログを出力

2. 別のNTPサーバーを使用

server time.google.com iburst  # GoogleのNTPサーバーを使用

3. 時刻同期の頻度を調整

minpoll 4
maxpoll 10  # 設定ファイルで同期の頻度を調整

4. ローカルネットワークのマシンと時刻同期

local stratum 10  # ローカルネットワーク内のマシンとも時刻同期

まとめ

Linuxでの時刻同期は、システムの安定性と信頼性を高める重要なステップです。本記事で紹介した設定方法と応用例を活用して、確実な時刻同期を実現してください。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/02/27 22:05:41時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次