優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

Linuxでファイルのサイズを確認する方法と応用例

Linux環境でファイルやディレクトリのサイズを確認する方法を詳しく紹介します。Linuxには多くのコマンドが用意されており、その中でも`du`や`ls`コマンドは特に有用です。この記事では、それらのコマンドを使ってファイルやディレクトリのサイズを取得する基本的な方法から、さらに進んで複数の応用例についても深く掘り下げていきます。

目次

基本的なファイルサイズの確認方法

Linuxでファイルやディレクトリのサイズを確認するには、`ls`や`du`コマンドが一般的に使用されます。

`ls`コマンドを使用する方法

`ls`コマンドは、ディレクトリの内容をリスト表示するためのコマンドですが、`-lh`オプションを使用することで、ファイルのサイズもヒューマンリーダブルな形式で表示することができます。

ls -lh ファイル名  # ファイルのサイズをヒューマンリーダブルな形式で表示

`du`コマンドを使用する方法

`du`コマンドは、ディレクトリやファイルのディスク使用量を表示するためのコマンドです。`-h`オプションを使用することで、サイズをヒューマンリーダブルな形式で表示します。

du -h ファイル名  # ファイルのサイズをヒューマンリーダブルな形式で表示

応用例

1. ディレクトリ内のすべてのファイルとサイズを表示

du -ah ディレクトリ名  # ディレクトリ内のすべてのファイルとそのサイズを表示

2. 最もサイズが大きいファイルTOP5を表示

du -a ディレクトリ名 | sort -nr | head -n 5  # 最も大きいサイズのファイルTOP5を表示

3. 50MB以上のファイルを探す

find ディレクトリ名 -type f -size +50M  # 50MB以上のファイルを検索

4. 空のファイルやディレクトリを探す

find ディレクトリ名 -type f -empty  # 空のファイルを検索
find ディレクトリ名 -type d -empty  # 空のディレクトリを検索

まとめ

Linuxの`ls`や`du`コマンドは、ファイルやディレクトリのサイズを確認するための基本的なツールです。上記の基本的な使用方法から応用例まで、様々なシチュエーションでこれらのコマンドを活用することで、効率的にディスクの使用状況を管理することができます。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/02/28 22:05:44時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次