優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

Linuxでシステムの時刻同期を再起動後も継続する設定の方法

この記事では、Linux環境においてシステムの時刻同期を再起動後も継続する設定について解説します。具体的なコード例とその解説、応用例を含めて詳しく説明します。

目次

なぜ時刻同期が重要なのか

システムの時刻同期は、日常の運用で非常に重要な要素です。時刻がずれるとログの整合性が取れなくなる、セキュリティの問題が発生する、さまざまなプロセスに悪影響を与える可能性があります。

セキュリティへの影響

不正確なシステム時刻は、セキュリティ上での脆弱性に繋がる可能性があります。例えば、証明書の有効期限のチェックが正確に行えなくなることがあります。

データ整合性

システム内でのデータのやり取りやバックアップでは、時刻情報が非常に重要です。時刻がずれることで、データの整合性が保てなくなる可能性があります。

NTP(Network Time Protocol)とは

NTPはネットワークを通じてコンピュータのクロックを同期するためのプロトコルです。Linuxシステムでは、`ntpd`や`chronyd`といったNTPクライアントを用いて時刻同期が行われます。

ntpdとchronydの違い

– `ntpd`: 古くからあるNTPクライアントで、多くのオプションと設定が可能です。
– `chronyd`: 軽量でシンプルなNTPクライアントで、近年はこのクライアントが推奨されています。

基本的な時刻同期の設定方法

chronydをインストールする

以下のコマンドで`chronyd`をインストールします。

sudo apt install chrony  # Debian/Ubuntuの場合

chronydを起動・有効化する

次に、chronydを起動し、システム再起動時にも自動的に起動するように設定します。

sudo systemctl start chronyd
sudo systemctl enable chronyd  # 起動時にchronydを自動起動

再起動後も時刻同期を継続する設定

一般的に、`chronyd`や`ntpd`は再起動後も自動で起動しますが、設定によってはその保証がない場合もあります。以下は、再起動後も確実に時刻同期を継続する設定方法です。

chronydの自動起動設定を確認する

以下のコマンドで`chronyd`の自動起動が有効になっているか確認します。

systemctl is-enabled chronyd  # "enabled"と表示されればOK

応用例

1. NTPサーバを手動で設定する

echo "server your.ntp.server" | sudo tee -a /etc/chrony/chrony.conf  # NTPサーバを設定

2. 時刻同期の状態を確認する

chronyc tracking  # 時刻同期の状態を確認

3. オフライン環境での時刻同期

sudo timedatectl set-ntp false  # NTPによる同期を停止
sudo timedatectl set-time "2022-01-01 12:34:56"  # 手動で時刻を設定

4. ログを確認する

journalctl -u chronyd  # chronydのログを確認

まとめ

Linuxでの時刻同期は、セキュリティやデータ整合性を保つために重要です。特に再起動後も時刻同期が継続されるように設定することで、さまざまなトラブルを防ぐことが可能です。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/02/28 22:05:44時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次