優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

Linuxでディレクトリ内のファイルとサブディレクトリの隠し属性を操作する完全ガイド

この記事では、Linux環境でディレクトリ内のファイルとサブディレクトリの隠し属性を操作する方法について解説します。具体的なコード例とその解説、応用例を含めて、深く掘り下げていきます。

目次

隠し属性とは何か?

LinuxやUnix系のOSでは、ファイル名がピリオド(`.`)で始まるものは、通常の`ls`コマンドでは表示されません。これは一種の「隠し属性」とも言えるものです。しかし、`ls -a`オプションを用いると、これら隠しファイルも表示されます。

基本的な隠し属性の設定方法

ファイルやディレクトリを隠す

ファイルやディレクトリを隠す最も簡単な方法は、その名前の先頭にピリオド(`.`)をつけることです。

mv old_filename .new_hidden_filename  # 既存のファイルを隠しファイルにする

隠し属性の一括設定・解除

シェルスクリプトを利用した一括設定

次に、シェルスクリプトを使って、ディレクトリ内の全てのファイルとサブディレクトリに隠し属性を一括で設定する方法です。

for file in *; do mv "$file" ".$file"; done  # すべてのファイルとサブディレクトリを隠す

隠し属性の一括解除

同様に、一括で隠し属性を解除するには以下のようなコードが使えます。

for file in .*; do mv "$file" "${file:1}"; done  # 隠し属性を解除

応用例

特定の拡張子だけを隠す

for file in *.txt; do mv "$file" ".$file"; done  # .txtファイルだけを隠す

条件にマッチするファイルを隠す

for file in $(find . -size +1M); do mv "$file" ".$file"; done  # サイズが1MB以上のファイルを隠す

指定したディレクトリ内だけで一括設定

cd /path/to/directory; for file in *; do mv "$file" ".$file"; done  # 指定ディレクトリ内のファイルを隠す

時間に基づいてファイルを隠す

for file in $(find . -mtime +7); do mv "$file" ".$file"; done  # 7日以上更新されていないファイルを隠す

まとめ

Linuxでの隠し属性操作は非常に簡単ですが、シェルスクリプトを駆使することで、より高度な操作が可能です。本記事で紹介したテクニックを活用して、ファイル管理を効率化してみてください。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/02/28 22:05:44時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次