Linuxでシステムクロックとハードウェアクロックの差異を理解し、適切に管理する方法

この記事では、Linux環境におけるシステムクロックとハードウェアクロックの違いについて詳細に解説します。特に、それぞれのクロックがシステムにどのような影響を与えるのか、コマンドを用いた差異の確認方法、および応用例について具体的に説明します。

目次

システムクロックとハードウェアクロックの基本

Linuxにおいて、システムクロックとハードウェアクロックは時間を管理するための重要な要素です。システムクロックはOSが管理する、ソフトウェアによる内部時計です。一方で、ハードウェアクロックはマザーボード上に存在する、電源が切れても時間を保持できるクロックです。

差異の確認方法

dateコマンドを用いたシステムクロックの確認

システムクロックの現在時刻は`date`コマンドで確認できます。

date  # システムクロックの現在時刻を確認

hwclockコマンドを用いたハードウェアクロックの確認

ハードウェアクロックの現在時刻は`hwclock`コマンドで確認できます。

hwclock  # ハードウェアクロックの現在時刻を確認

補足事項

システムが起動する際、システムクロックはハードウェアクロックから時刻情報を読み込みます。しかし、その後は独立して動作します。これにより、長期間の運用で誤差が生じる可能性があります。

応用例

応用例1: システムクロックの調整

date --set="2023-12-31 12:34:56"  # システムクロックを指定した日時に設定

応用例2: ハードウェアクロックの調整

hwclock --set --date="2023-12-31 12:34:56"  # ハードウェアクロックを指定した日時に設定

応用例3: システムクロックをハードウェアクロックに同期

hwclock --systohc  # システムクロックの時間をハードウェアクロックに同期

応用例4: システムクロックとハードウェアクロックの時刻差の確認

この操作で、両者の時刻がどれだけ違うのか確認できます。

date; hwclock  # システムクロックとハードウェアクロックの時刻を同時に確認

まとめ

システムクロックとハードウェアクロックは、それぞれ異なる機能と役割を持っています。この違いを理解し、適切なコマンドを用いて管理することで、システムの正確な時間管理が可能となります。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/06/20 01:12:30時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次