優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

Linuxでサービスの起動・停止・再起動をマスターする

Linux環境でのサービス管理はシステム運用の基本中の基本です。この記事では、Linuxでのサービスの起動・停止・再起動について、具体的なコード例とその解説、応用例を含めて詳しく説明します。

目次

基本コマンドの紹介

Linuxにおいて、サービスを管理する基本コマンドは主に`systemctl`と`service`です。ここでは、`systemctl`を中心に説明します。

systemctlコマンド

`systemctl`はsystemdによって管理されるサービスに対して操作を行います。

sudo systemctl start [サービス名]  # サービスを起動

このコマンドで指定されたサービスが起動します。

serviceコマンド

古いinitシステムを使用している場合は、`service`コマンドが便利です。

sudo service [サービス名] start  # サービスを起動

コマンドの詳細解説

サービスの起動

sudo systemctl start sshd  # SSHサービスを起動

`sshd`サービス(SSHサーバ)を起動します。これにより、リモートからのSSH接続が可能になります。

サービスの停止

sudo systemctl stop sshd  # SSHサービスを停止

サービスの再起動

sudo systemctl restart sshd  # SSHサービスを再起動

応用例

1. 特定のユーザーのみSSHアクセスを許可する

sudo nano /etc/ssh/sshd_config  # 設定ファイルを開く

設定ファイルに`AllowUsers`を追記します。

2. サービスの自動起動設定

sudo systemctl enable sshd  # サービスを自動起動に設定

3. 自動起動設定の解除

sudo systemctl disable sshd  # 自動起動を解除

4. 特定のポートのみを開放する

sudo ufw allow 22,80,443/tcp  # ポートを開放

5. サービスの状態確認

sudo systemctl status sshd  # SSHサービスの状態を確認

まとめ

Linuxでのサービス管理は基本的に`systemctl`と`service`コマンドで行えます。これらのコマンドを使いこなせば、より効率的なシステム管理が可能になります。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/02/28 22:05:44時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次