優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

Linuxインストール後に確認すべきスクリプトとその処理の詳細

Linuxを新規にインストールした後、システムが正常に動作しているか、セキュリティが確保されているかを確認するためのスクリプトや処理があります。この記事では、それらのスクリプトや処理を詳細に説明し、Linuxを安全かつ効率的に使用するための応用例を5つ以上ご紹介します。

目次

基本的なスクリプトの確認

Linuxをインストールした後に確認すべき基本的なスクリプトにはいくつかの種類があります。

パッケージのアップデート確認

Linuxシステムは頻繁にアップデートされます。インストール後に最初に行うべきはパッケージのアップデートです。

sudo apt update  # パッケージリストを更新

このコマンドでパッケージリストが更新されます。次に、アップデートがあれば適用することが推奨されます。

sudo apt upgrade  # アップデート可能なパッケージをアップグレード

セキュリティ設定

基本的なセキュリティ設定も重要です。ファイアウォールを設定することで外部からの不正アクセスを防ぐことができます。

sudo ufw enable  # UFWファイアウォールを有効にする

補足:パフォーマンスチューニング

インストール後のスクリプトで行えるパフォーマンスチューニングもあります。

スワップ領域の調整

Linuxシステムでのスワップ領域の調整は、システムのパフォーマンスに影響を与えます。

sudo swapon --show  # 現在のスワップ領域を表示

応用例

さて、ここからは応用例を5つご紹介します。

例1:定期的なシステムアップデート

0 0 * * 0 sudo apt update && sudo apt upgrade -y  # 毎週日曜日に自動でアップデート

例2:SSH接続制限

sudo ufw allow from 192.168.0.0/16 to any port 22  # ローカルネットワークからのSSH接続のみ許可

例3:ログファイルのローテーション

sudo logrotate -f /etc/logrotate.conf  # ログファイルのローテーションを手動で実行

例4:システム監視

htop  # システムのリソースをリアルタイムで監視

例5:バックアップ

sudo rsync -a /home/ /backup/  # /homeディレクトリを/backupにバックアップ

まとめ

Linuxインストール後に確認すべきスクリプトや処理は多岐に渡りますが、これらをしっかりと行うことで、システムの安全性やパフォーマンスを高めることができます。応用例を用いて、さらに効率的なシステム管理を行ってみてください。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/02/27 22:05:41時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次