優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

Linuxコマンドで処理を理解し、適切に利用する方法

Linuxは柔軟性とパワフルさから多くのプロフェッショナルに愛用されています。この記事では、Linuxの処理やタスクを監視・管理するための基本的なコマンドと、それらの使用例を深く掘り下げています。プロセスの監視から特定の処理を停止する方法、そして高度な処理管理のテクニックまで、幅広い情報を提供します。

目次

Linuxの処理とは

Linuxにおける「処理」とは、実行中のプログラムやタスクのことを指します。これらの処理は、ユーザーが直接的に、あるいはシステムがバックグラウンドで自動的に実行するものがあります。それぞれの処理は、一意のプロセスID (PID) によって識別されます。

コマンドの種類

Linuxで処理を監視や管理するための主なコマンドは以下の通りです。

ps

`ps` コマンドは、現在のシェルで実行中の処理を表示します。

ps aux  # 全ユーザーの全てのプロセスを表示

top

`top` コマンドは、リアルタイムでシステムの動作状況や処理を表示します。

top

htop

`htop` は、`top` コマンドの強化版として人気があります。グラフィカルにリソースの使用状況を表示するため、見やすいのが特徴です。

htop

kill

`kill` コマンドは、指定したPIDの処理を終了するためのコマンドです。

kill [PID]  # 指定したPIDのプロセスを終了

応用例

特定のユーザーのプロセスを一覧表示

特定のユーザーが実行しているプロセスを知りたい場合、以下のコマンドを使用します。

ps -u [username]  # [username]のプロセスを一覧表示

特定のプロセスを強制終了

時々、応答しなくなったプロセスを強制的に終了する必要があります。その際には以下の方法を使用します。

kill -9 [PID]  # 指定したPIDのプロセスを強制終了

CPU使用率の高いプロセスを表示

`ps` コマンドを使用して、CPU使用率の高いプロセスを確認することができます。

ps aux --sort=-%cpu | head  # CPU使用率が高いプロセス上位10件を表示

特定のキーワードを含むプロセスを検索

特定のキーワードを含むプロセスを検索する場合、以下のコマンドを使用します。

ps aux | grep [keyword]  # [keyword]を含むプロセスを検索

まとめ

Linuxの処理管理は、日常のシステム運用において非常に重要なスキルです。この記事で紹介したコマンドをマスターすることで、効率的にシステムのパフォーマンスを監視し、問題が発生した際の対応能力を向上させることができます。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/02/27 22:05:41時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次