Linuxでユーザーアカウントの期限を設定する完全ガイド

Linuxにおけるユーザーアカウントの期限設定は、システム管理者がアカウントのライフサイクルを効率的に管理するために非常に有用です。この記事では、Linuxでユーザーのアカウント期限を設定する方法について解説します。具体的なコマンド例、その詳細解説、さらには応用例を含めてご紹介します。

目次

基本的なアカウント期限の設定方法

Linuxでは`chage`コマンドを用いて、ユーザーアカウントの期限を設定することができます。

# ユーザー 'username' のアカウント期限を2023年10月1日に設定
sudo chage -E '2023-10-01' username

上記のコマンドで、`username`というユーザーのアカウント期限が2023年10月1日に設定されます。

chageコマンドのオプション

– `-E` : アカウントの有効期限を設定
– `-M` : パスワードの有効期限を設定
– `-I` : アカウントが無効になった後の猶予日数を設定

アカウント期限設定の確認方法

設定したアカウントの期限は`chage`コマンドで確認可能です。

# ユーザー 'username' のアカウント期限を確認
sudo chage -l username

応用例

ここからは、アカウント期限設定の応用例をいくつか紹介します。

一括で期限を設定するスクリプト

#!/bin/bash
# 期限を一括設定するスクリプト
for user in $(cut -d: -f1 /etc/passwd); do
  sudo chage -E '2023-12-31' $user
done

このスクリプトを実行すると、`/etc/passwd`にリストされたすべてのユーザーのアカウント期限が2023年12月31日に設定されます。

期限切れアカウントの自動削除

#!/bin/bash
# 期限切れのユーザーアカウントを削除
for user in $(cut -d: -f1 /etc/passwd); do
  if [ $(sudo chage -l $user | grep "Account expires" | cut -d: -f2) == "never" ]; then
    sudo userdel -r $user
  fi
done

まとめ

Linuxでのユーザーアカウント期限の設定は、`chage`コマンドを使って比較的簡単に行えます。また、スクリプトを使って一括処理を行うことも可能です。この機能を活用して、システム管理をより効率的に行いましょう。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/07/15 02:55:07時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次