アドミン(admin)とは?曖昧な理解に終止符を!定義を分かり易く解説

本記事では、「アドミン」について詳しく解説をします。正確に定義を理解しておくとWindowsの理解が深まります。

アドミンとは?

アドミン(admin)とは明確な定義はありませんが、一般的にはAdministratorの略称です。アドミニストレイターと呼ぶのが大変なのでアドミン(admin)という呼び名が定着していると推測されます。
さて、そもそもAdministratorとは何でしょうか?

Administratorとは?

Administratorとは、Windowsに最初から存在しているビルトインユーザーです。権限としては一番強力でアプリケーションのインストールからユーザーの作成レジストリの変更等、ありとあらゆる事ができます。いわゆるシステム管理者権限を保持しています。

さて、Administratorの権限はどこで定義されているのでしょうか?

Administratorの権限の定義

AdministartorはAdministratorsグループに所属しています。Administratorsグループに所属しているユーザーはシステム管理者権限を持つことになっているので、Administartorはシステム管理者権限を保持しているわけです。そして、Administratorsに所属させればAdministartor以外のユーザーでもシステム管理者にすることができます。例えば、taroというユーザーをAdministratorsに所属させればtaroとAdministartorは共にシステム管理者権限を保持していることになります。

Administratorsグループの定義

さて、アドミンを深堀して最終段階にきました。Administratosグループの定義場所の説明です。

Administratosグループは、「コンピューター/ドメインに完全なアクセス権があります。」といったザックリとした説明書きになっています。ただ、実際に何ができるのか具体的に定義している場所がWindowsにはあるのです。

プログラムとファイルの検索で secpol.msc を検索してください。

ローカルセキュリティ ポリシーといった画面が出てきます。ユーザー権限の割り当てにて細かな権限設定がされています。例えば「ファームウェア環境値の修正」という項目だったらAdministratorsのみになっています。応用でUsersの権限拡大する場合は、ここで割り当てることができるわけですね。お疲れ様でした。

 

オススメの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です