優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

非正規化が必要なシチュエーションとその処理方法について

データベース設計において、非正規化は一見「悪」とされがちです。しかし、非正規化にはそれなりの理由とシチュエーションが存在します。この記事では非正規化が必要なシチュエーションと、それに対する処理方法を深掘りします。

目次

非正規化とは何か?

非正規化とは、正規化されたデータベースを意図的に冗長性を持たせることです。多くの場合、データベースは正規化されていますが、特定の状況や要件によっては非正規化が推奨される場合もあります。

非正規化が必要なシチュエーション

パフォーマンスの最適化

データベースの読み込み速度が非常に重要な場合、一部のテーブルを非正規化することでパフォーマンスを向上させることができます。

集計処理の高速化

複数のテーブルからのデータを一元的に管理して集計する必要がある場合、非正規化は有用です。

レガシーシステムの運用

既存のシステムが非正規化されている場合、そのシステムに合わせて非正規化する必要があります。

非正規化の方法

マテリアライズドビューの使用

マテリアライズドビューは、集計や計算を前もって実行し、結果をテーブルとして保存します。これにより、SQLクエリのパフォーマンスを大幅に向上させることができます。

マテリアライズドビューのSQLコード例

CREATE MATERIALIZED VIEW view_name AS
SELECT column1, column2, aggregate_function(column3)
FROM table_name
GROUP BY column1, column2;

冗長なカラムの追加

必要に応じて、冗長なカラムをテーブルに追加する方法もあります。これは特に集計処理で有用です。

冗長なカラムの追加のSQLコード例

ALTER TABLE table_name ADD COLUMN new_column_name column_type;

非正規化のリスクと対策

データの一貫性

非正規化は、データの一貫性を損なう可能性があります。これを防ぐためには、トランザクション処理やトリガーを使用する方法があります。

ストレージコスト

非正規化はデータの冗長性を高めるため、ストレージコストが増加します。このリスクを減らす方法として、必要な部分だけを非正規化するといった手法があります。

非正規化の例

非正規化の具体例を以下のテーブルで示します。

正規化前正規化後非正規化後
顧客ID, 商品ID顧客ID, 商品ID顧客ID, 商品ID, 価格
非正規化の例

まとめ

非正規化が必要なシチュエーションは、パフォーマンスの最適化や集計処理の高速化、レガシーシステムの運用などがあります。非正規化にはリスクも存在するため、慎重に設計する必要があります。

コメント

コメントする

目次