BtoB向けサービスをお得に発注【SBIバリュープレイス】詳細はコチラ

非正規化におけるデータモデリングの技術

この記事では、非正規化におけるデータモデリングの技術について詳しく解説します。非正規化は、一般には効率的なクエリのためにデータベースの設計を変更するプロセスを指します。この記事では、非正規化の理由、そのメリットとデメリット、および具体的な実装手法について説明します。

目次

非正規化とは

非正規化は、正規化されたデータベースを効率的に利用するために特定の方法で設計を変更するプロセスです。正規化には多くのメリットがありますが、一部のアプリケーションではデータの取得速度が求められる場合があります。そのような場合には、非正規化が有用です。

なぜ非正規化が必要なのか

正規化されたデータベースは、データの重複を排除し整合性を保つのに優れていますが、その反面でクエリが複雑になり、パフォーマンスが低下する可能性があります。

正規化非正規化
データの整合性が高いクエリが高速
クエリが複雑データの重複がある
正規化と非正規化の比較

非正規化のメリットとデメリット

非正規化にはメリットとデメリットがあります。これらを理解することで、いつ、どのように非正規化を行うべきかが明確になります。

メリット

1. クエリの高速化:複数のテーブルに分散されたデータが一元化されるため、JOIN操作が減少します。
2. データ取得の効率化:必要なデータが1つのテーブルに格納されているため、データ取得が効率的になります。

デメリット

1. データの重複:同じデータが複数のテーブルに格納される可能性があります。
2. 更新の複雑性:データが重複しているため、更新が複雑になる場合があります。

非正規化の手法

非正規化を行うには、いくつかの手法があります。以下でそれぞれについて説明します。

マテリアライズド・ビューの利用

マテリアライズド・ビューは、頻繁に参照されるクエリの結果を事前に計算して保存するテクニックです。

CREATE MATERIALIZED VIEW my_view AS
SELECT * FROM table1
JOIN table2 ON table1.id = table2.id;

データの集約

一般に、集計クエリは時間がかかるものですが、集約されたデータを別のテーブルに保存しておくことで、クエリの効率が向上します。

INSERT INTO aggregated_table (col1, col2)
SELECT col1, SUM(col2)
FROM original_table
GROUP BY col1;

まとめ

非正規化は、クエリの効率を向上させるための有用な手法ですが、データの重複や更新の複雑性が増すデメリットもあります。マテリアライズド・ビューやデータの集約など、非正規化を行う方法はいくつか存在します。プロジェクトの要件に応じて、適切な非正規化の手法を選ぶことが重要です。

コメント

コメントする

目次