JUST Office 導入に踏み切れない理由(リスクを承知した上で導入しよう)

Microsoft Office高いからイロイロ考えるよ

Microsoft Office が高価であることから、最近ではLibreOffice やOpenOfficeといったMicrosoft Officeと互換性のあるフリーウェアに入れ替えるといった話をよく聞きます。ただ、これらは独自のOfficeといったコンセプトのため操作性もMicrosoft Office とだいぶ異なっており組織のOffice環境を入れ替えるのにはソレナリの覚悟が必要となってきます。

ちなみに完全なフリーウェアのLibreOffice やOpenOfficeを検討している方は下記の記事が参考になると思います。

無料Officeの2強を徹底比較 OpenOffice vs LibreOffice | 本気でマイクロソフトから脱却する

JUST Officeとは

そこで、有償であるがMicrosoft Office と操作性や見た目が同じJUST Officeを導入するといったケースがあります。JUST Officeは一太郎を販売しているJUST SYSTEMが出している製品です。本当に見た目が同じでビックリします。これならユーザーからしたらアイコンが変わったくらいなので、暴動?は起きないと思われます。互換性率も高く電話によるサポートやパッチの適応等にも対応しています。簡単にコスト削減ができるように感じて話に乗っかる感覚は理解できます。

ただ個人的に踏み切れない理由がある

私個人の考えではJUST Officeは完全にMicrosoft Officeのパクリ製品であり、Microsoft の営業妨害をしているとしか言えないと思っています。Microsoft が本気になれば、訴訟を起こしてJUST Officeを葬ることなんて朝飯前だと思うのです。JUST SYSTEMとしてはMicrosoftが保持している権利には抵触していないので問題ないといった主張ですが、訴訟大国アメリカの大企業が黙っているとは思えません。ただ、まだまだJUST Officeのシェアは低いので傍観しているだけかもしれませんが、JUST Officeが頑張ってしまうとヤバいかもしれません。コンサルとしてクライアント企業に導入を進めてからサービスが訴訟により停止され、利用することもできなくなったら目もあてられません。

また、クライアントの環境すなわちWindowsというOSを支配しているのはMicrosoft です。月2回プログラムの更新をしていますが、Microsoft Officeのみしか起動できないようにする等の細工をすることも考えられます。

JUST Officeそんなに安くはないよ

また、パクリOfficeのJUST Officeですが、それほど安くはありません。購入方法によって変わってきますが、大体が3分の2程度のコストメリットといった感じです。あと3分の1だして正規品をカット方が良いと感じてしまします。

Microsoftを擁護しているわけではない

JUST Officeを悪く言っていると思われるかもしれませんが、リスクを洗い出してみただけです。基本的には脱Windowsの方向性は指示していますが、リスクを承知の上でパクり製品を利用するべきだという事が言いたかったことです。拙い日本語で、、、

オススメの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です