Linuxでシステムの時刻同期を一時的に無効にする完全ガイド

この記事では、Linux環境においてシステムの時刻同期を一時的に無効にする方法について詳しく解説します。具体的なコード例とその解説、応用例を含めています。

目次

背景と重要性

時刻同期は、複数のシステムが連携する際に非常に重要です。しかし、テスト環境や特定の状況では、時刻同期を一時的に無効にする必要があります。この記事はその手法を詳しく説明します。

時刻同期の必要性

LinuxシステムではNTP(Network Time Protocol)やChronyといったプロトコルが使われています。これらは、システムの内部時計を正確に保つために非常に重要です。

無効にするケース

– テスト環境でのシミュレーション
– バックアップ処理
– デバッグ用途
– セキュリティ上の理由

基本的な無効化手法

sudo timedatectl set-ntp false  # NTPによる時刻同期を無効にする

上記のコマンドは、NTPによる時刻同期を無効にします。`timedatectl`は、systemdを用いて時刻とタイムゾーンを制御するコマンドです。

手動で時刻を設定

sudo date MMDDhhmm[[CC]YY][.ss]  # 手動でシステムの日時を設定

応用例

特定の時間に同期を再開

echo "sudo timedatectl set-ntp true" | at now + 1 hour  # 1時間後に時刻同期を再開

特定のサービスだけで時刻同期を無効

sudo systemctl stop ntpd.service  # ntpdサービスを停止

一定期間後に自動で再同期

sudo sleep 3600; sudo timedatectl set-ntp true  # 1時間後に再同期

クロノジョブで同期を制御

(crontab -l; echo "0 12 * * * /usr/bin/sudo timedatectl set-ntp false") | crontab -  # 毎日12時に同期を停止

まとめ

Linuxでのシステム時刻同期は非常に重要ですが、特定の状況で無効にする必要がある場合もあります。この記事で紹介した手法と応用例を参考に、状況に応じて時刻同期を制御してください。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/07/19 02:58:25時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次